みき通信第16号


miki-016

2月14日より山梨新町長の所信表明と共に本会議が始まり、総括質問では、近藤議員と手分けして、私は子育て支援、学校設備、高齢者福祉・介護福祉計画、国民健康保険、下水道問題を質問しました。

今回、小児医療費助成制度の対象年齢を上げる事を求め、条例提案を行う予定で準備を進めています。山梨町長は小児医療費抑制の為に助成制度とは別に、新しい思案があるという答弁があり質疑を重ねましたが、まだまだ疑問点も多く残り、これからも調査し質疑を重ねて行きます。

予算特別委員会も22日より連日開催されています。平成22年度決算には員外議員でしたが、今回、私は予算委員として審議に参加しています。

24年度予算が骨格予算であり、具体的政策は6月に出される補正予算でとなるため、町長の方針が見えず戸惑いもありましたが、気持ちを切り替え、補正予算に反映されるよう意見を述べました。

この後、一般質問が予定されており、今後の葉山町のあり方を皆さんと一緒に考えていきます。

また、3月16日より(仮称)「葉山災害ボランティアネット」主催の震災支援に私の二人の子供と参加する予定です。

震災からもうすぐ1年、私は4回目、子供達は2回目の震災支援となります。現地でなければわからない事、感じられない事をしっかりと受け止め、災害が起こったときの対応の仕方を学んできます。