みき通信第13号


miki-013

 急に寒くなり我が家でも暖房機を出しました。被災地の仮設住宅の防寒対策はどこまで進んでいるのでしょうか。

 放射線に対する不安もまだまだ拭いきれていません。葉山では、やっと保育園・小学校給食の放射線検査を行いました。結果は「検出されず」でした。提供給食食材検査は行いましたが、残念ながら毎日行っていた保育園・学校のグラウンド放射線量検査は10月から月一回となってしまっています。放射能問題が収束されないうち、不安が払拭されることはなく、定期的な検査は必要です。

 先日 福祉文化会館で「ダイオキシン…」に対する町議会報告会が行われましたが、参加されましたでしょうか?。この先「ごみ問題」に対し議論を交わしていくと閉めましたが、自区内処理を棚上げしたままの議論は気持ちが重くなるばかりです。「報告会」なので、町民の方と議員間での意見交換をする場がなく、不満に思われた方、ぜひ議会や委員会の傍聴においでください。14人それぞれの考え方が分かります。

 29日から議会が始まります。町長の任期も残り一か月となったことで「一般質問」をする議員も少なくなっています。私は「行政の継続性」を考え、「一般質問」は町民の方が行政に何を望んでいるかを訴える場として貴重な時間ではないかと考えています。パスすることは、ネット中継まで要求しておいて議員としての仕事を放棄してしまう気がします。

 私は5項目に絞り一般質問を行います。色々な議員の質問、町長・職員とのやり取りを聴かれるのも面白いと思います。是非、傍聴にいらしてみてください。七ヶ月がすぎ、共産党を一議席にした悔しさと一議席の重さを感じながら活動しています。